2004年12月27日

年内の営業は終了しました

クリスマスも終わりほっと一息ついています。
クリスマスの忙しさはとても楽しいのですが終わった後のツリーや飾り物の後かたづけは、なんとなく寂しく嫌なものですね。
また、来年よろしくね。といって今日、クリスマスツリーやサンタ人形たちを箱にしまいました。
今年のcocoonのケーキはブッシュドノエルとイチゴショートの2種類でした。
来年はマロンノエルも作ってみてはどうかとスタッフからの声があり検討しようかと思っています。
今年も残すところあと4日となりました。
何かと気ぜわしい年の瀬、みなさまお体に気を付けてお過ごし下さい。
又、来年もcocoonをよろしくお願いします。ラブ

at 14:36|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年12月21日

クリスマスケーキ

21969e49.jpg
12月17日から19日までのとんぼ玉展示会も大盛況のうちに終了致しました。
ご来店いただきました皆様、ありがとうございます。
さて、cocoonではいよいよクリスマスケーキ週間に突入です。
チョコレートの葉っぱやメレンゲのキノコづくりに大忙し。ケーキ箱を組み立てたりサンタのオーナメントを用意したりと、ちゃくちゃくと準備が進んでいます。
cocoonではクリスマスケーキの作り置きはいたしません。ご注文日の朝、スポンジを焼きはじめ成形して午後3時頃からやっと店頭にケーキが並びます。
全てが手作りのためご予約のみとなっております。23日、24日のご予約は締め切りとなりましたが25日分はまだ少し余裕があります。ご注文はお早めにどうぞ。木

at 22:08|PermalinkComments(1)COCOON通信 

2004年12月04日

今週のおすすめ いちごのミルフィーユ

8f0ddce1.jpg

2枚のパイ生地でぎっしりいちごとクリームをはさみました。
クリームは47%生クリームとカスタードクリームを2:1の割合であわせたもの。
サクサクのパイ生地とこくのあるクリーム、甘酸っぱいいちごとの相性は抜群です。


at 22:09|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年11月26日

今週のおすすめ タルトフレーズ

0bb32b00.jpg
いちごの美味しい季節になりました。
きれいなかたちのいちごをお見せしたくてタルトにしてみました。
いちごの下にはカスタードクリームを敷き詰め、いちごのゼリーでまとめてあります。カットすると、ときどきぽろっといちごが落ちてしまうことも・・
でも、でも美味しいんですよ。いちごとカスタードクリームがとっても良く合うんです。甘さ控えめなので何個でも食べられそう。お試しください。

at 22:19|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年11月20日

今週のおすすめ モンブラン

05311fb5.jpg
今年は西明寺栗が不作だったため丹波栗を使用しています。
モンブランクリームの中は生クリームとラム酒煮にした丹波栗。土台はタルトとスポンジ。
子供の頃食べたモンブランはカップケーキの上にモンブランクリームが載っていたけど、最近のはどこのお店のもこんな形が主流ですね・・
cocoonのモンブランは甘さをおさえ、ラム酒をきかせた大人の味に仕上げています。

at 01:09|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年11月13日

今週のおすすめ

14f572c4.jpg
りんごとさつまいものムース
みためは地味ですがりんごの酸味とさつまいもの甘さがgood!
りんごがほのかにピンク色をしているのはりんご(紅玉)の赤い皮といっしょにシロップ煮にして色づけしたからなのです。さつまいものムースの中に、このりんごをさらにホワイトチョコレートで味付けして閉じこめています。
文章で表現するとなんだか良くわからないでしょう。
複雑で手の込んだケーキなのです。りんごとさつまいもの美味しい季節だからこそこのケーキも美味しくなるのです。ぜひ、一度召し上がってみてください。
音符

at 21:30|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年10月21日

b849b020.jpg
毎年今頃から秋田産の西明寺栗を仕込み始めるのですが、そろそろ準備を始めようと昨日連絡してみるとなんと、今年は台風が多くて不作だというのです。送るほどないので又来年お願いします。
と栗屋のおばあちゃんに断られてしまったのです。
そういえば今年はスーパーでもあまり栗を見かけなかったような・・
仕方なく、今年は丹波栗を注文してみました。
関西方面でも栗は不作だそうでこれが最後ということらしい。
いつもの年の3倍もの価格の栗。これでケーキを作ったらいったいいくらのケーキになっちゃうのだろう。と思いつつ栗をむきはじめました。
半分は渋皮煮、残りはラム酒煮にしていきます。失敗しないようにていねいにむいていますが、骨折した後の手首が悲鳴をあげてます。
誰か・・栗むいて?。ドクロ

at 17:03|PermalinkComments(0)COCOON通信 

2004年10月15日

お待たせいたしました

3ヶ月もの長いお休みをいただきお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
この度、11月6日(土)より営業を再会することになりました。
洋菓子cocoonはこれからもみなさまに喜んでいただけるよう、美味しく
安心できるお菓子作りに励んでまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。

at 13:27|PermalinkComments(2)COCOON通信 

2004年08月13日

シアトルー7

83177eb2.JPG
8月3日PM8:30 reikotの家の庭から撮影した画像。夏は9時頃まで明るいが秋から冬の間は昼間が短く夜がやたら長いそうだ。私はこの時期にしかシアトルを訪れたことがないのでよくわからないが、冬は雨が多いので気持ちも暗くなるなるらしい。
そんなreikotだがよく頑張っていると思う。夫siggyの転勤でシアトルに住むことになったわけだが、この2年間大変なこともあったでしょう。が、今ではすっかりこの町にも適応して生活を楽しんでいるように見える。後何年シアトルに住むことになるか決まっていないそうだが、さらにいろいろなことを吸収して楽しんで生活を送って欲しいと思っている。家
10日間の滞在は楽しくてあっという間に過ぎてしまった。
siggy,reikot,nyaoお世話になりありがとうございました。ハイビスカス

at 14:00|PermalinkComments(2)

2004年08月11日

シアトルー6

f6417f0e.JPG
シアトル滞在最終日にタコマにあるガラス美術館へ行った。日本のとんぼ玉作家の作品が展示してあるという情報を耳にしていたのだが・・自動車
ふきガラスによる花瓶やオブジェ、木とワイヤー、布などとガラスを組み合わせた近代アートが展示されているだけだった。
でも、館内にはいるとギャラリー、シアター、スタジオ、ホットショップなど見どころがたくさんあって興味深い。ホットショップというのは熱いものを売っているお店ではない。階段状になった客席の下のステージに(競技場のような)どろどろに溶けたガラスが入った釜が5つぐらい並んでいる。若いアーティスト達がガラス制作をしているところを解説つきで観客に見せてくれるところだ。解説はもちろん英語なのでよくわからないが製作工程をみているだけでも充分楽しめる。炎
若者が3人がかりで制作している途中、彼らの師匠のような年配の男性が拍手とともに登場して、仕上げをすることになったらしい。余裕の表情で作業を始めたとたんガシャーンハート割れと床に落として割ってしまった。師匠は照れ笑いのような笑みを浮かべ退場していった。なんだったんだ?アウト

at 11:35|PermalinkComments(2)

2004年08月10日

シアトルー5

775424c1.JPG
翌日、キャピラノつり橋(Capilano Suspension Bridge)へ行きました。川幅140メートルのキャピラノ渓谷にかけられた鋼鉄ケーブルのつり橋で、下を見ると足がすくみそうになります。公園内には先住民族のトーテムポールや、ツリートップ・アドベンチャーという空中遊歩道などが設置されていて大人から子供まで楽しめるような所です。
園内全てが禁煙なためsiggyは早く出ようとタバコうるさい。最近では日本でも全て禁煙という施設が増えて来つつあり、愛煙家にとっては辛いことですね。

at 12:07|PermalinkComments(0)

2004年08月09日

シアトルー4

9b1ac26a.JPG
土・日を利用してバンクーバーに連れて行ってもらった。車の中からパスポートを見せるだけでアメリカとカナダの国境を越える。陸続きで外国へいけるなんて私たち島国の日本人には考えられないこと。
バンクーバーはさすがカナダの第3の都市と言われるだけあって、車の交通量も多くたくさんの人達が行き交っていた。
巨泉のOKショップものぞいたりしてからスターバックスで一休み。reikotとnyaoがコーヒーを買いに行っている間ひとりですわっていたら、カナダ人女性が疲れ切った表情で私のテーブルについた。私をジロジロ見ているので話しかけられたら困ると思い目を合わせないようにしていたのに・・とうとう、声をかけられてしまう。
日本人?観光で来たの?バンクーバーは初めて?日本のどこに住んでいるの?などと、質問攻めにあい身振り手振りで日本語も混ぜながら答えた。こんなんで通じたんだろうかと疑問に思いながら聞いていると、今度は自分のことをぺらぺらと話し始めた。バスを待っていると言っていたからバス来たよと教えたのに・・乗り遅れてしまった。バスダッシュ
英語がきちんと話せたら彼女もバスに乗れたのにごめんなさい。すいません

at 18:01|PermalinkComments(1)

シアトルー3

073f0d1e.JPG
去年食べて感激したいもむしロール(キャタピラーロール)を今回も食べてきました。ここはベルビューダウンタウンにあるI Love Sushiと言う人気のお寿司やさんでいつもお客さんでいっぱいです。この日も店の外で30分並んで待っていました。
このいもむしロールとてもリアルでしょ。うなぎを芯にすし飯で巻いてアボガドをスライスしたものをかぶせいもむしに見立てています。貝割れを触覚に、いくらを目玉にして完成。個人的にアボガドはあまり好きではないけど一切れ二切れいけちゃいます。濃厚でとてもおいしい。鐘
その他、揚げ豆腐、カリフォルニア巻、豆腐ロールなど美味しいものをたくさんいただきました。reikotごちそうさまでした。

at 11:10|PermalinkComments(1)

2004年08月08日

シアトルー2

49b0429b.JPG
アメリカに着いて2日目、reikotが最近ハマっているというHot Yogaなるものに挑戦しようと私もreikotについて行った。お試し期間は1週間7日間で20ドル。ということは1回たったの2ドル86セント。ラブよーし、毎日くるぞ!シェイプアップしてきれいになって日本に帰ってこよう。と思っていたのに・・・
40度近くの室温の中で水分をとりながらYogaを1時間半続けるので体中から汗がボタボタ、体の下に敷いたタオルは汗でじっとり。腹這いになって飛行機のように手足を伸ばし、反り返るポーズをとったとたん、グキ!ドクロ去年痛めた肋骨を又痛めてしまったらしい。トホホ・・これじゃ明日は無理そうだ。
シャワーを浴びてreikotと家に戻った。ここ何年も運動らしい運動をしていない体にとって少々ハードすぎたようだが汗を流した後の爽快感は何とも言えず気持ちが良い。
結局、その5日後にもう1度行っただけでHot Yoga体験は終わってしまった。肋骨さえ痛めなければ5日は通えたのに残念に思う。日本でもチャンスがあれば是非またやってみたい。国旗
でも、未だに肋骨が痛いのよね?。ダッシュ

at 17:36|PermalinkComments(2)

シアトルー1

6ce1f796.JPG
またまた今年もreikotの住むアメリカに行ってきました。
ここはシアトル郊外のベルビューという美しい町。緑の多い静かな住宅地です。
小高い丘の斜面にそって家が建ち並び庭にはウサギやリス、鹿たちが遊びに来たり時にはコヨーテも出現するようなのどかなところです。
こんな静かな場所で暮らしたら、きっと時間もゆっくり過ぎていくのだろう。と、思いきやあっというまの10日間でした。楽しかったシアトルでのお話を少しずつ紹介していきたいと思います。

まずはシアトルタコマ空港での出来事。イミグレーションに向かって歩いていくと「外国人は1ばん2ばん3ばん、アメリカ人は4ばん5ばん6ばん・・」と変な日本語で誘導しているおばさんがいた。そう言えば去年もいたっけ、補習校の先生だって言う人、こんなところでバイトしていいの?
さて、私は外国人だから2番に並んで・・
韓国人も中国人もフランス人も日本人までもがひとりでアメリカに来るような人はみんな英語がしゃべれるのです。私はぜんぜんダメ。イエス、ノーしか言えない。ましてやぺらぺら言われると何を言ってるんだかBGMにしか聞こえない。しかたがないのでreikotの住所を見せて「サイトシーン!」と叫んだ。係官2人に大笑いされ、そのあとはきっととんちんかんな受け答えをしていたのだろう。変なイントネーションの日本語で「イチマンドルモッテマスカ?ニクモッテマスカ?」思わず日本語で「そんなもん持ってねーよ!」と言ってしまった。



怒り落ち込み

at 08:04|PermalinkComments(3)