ゆずちゃんの四つ子ちゃん来院今年もベド展参加しました

2013年10月28日

バジルくんの闘病記録

お友達の愛犬バジルくんは先天的に脳に障害を持って産まれてきました。
今までもこのブログに何度か登場していますが、バジルくんの病気のことをいつかお話したいと思っていました。
バジル父さんは、楽しくて明るい話題ばかりのCOCOON通信だからと遠慮してなかなかGOサインを出してくれなくて・・・
でも、親友のpockyさん(バジル父さんの奥様)はこんな病気もあるんだと、いろいろな意味で広くみなさんに知って欲しいとバジルくんの闘病記録を私に手渡してくれました。

少し長くなりますがバジルくんのお話を聞いてください。

今から2年前の2011年11月28日、バジルくんは生後67日目にpocky家にやってきました。
私はその日に主人と夜の首都高を飛ばしてバジルくんに会いに行ってきました。

28

とっても愛くるしい男の子です。

pockyさん夫妻は初めて仔犬を迎えたのでどう対処してよいやら戸惑っている様子。
お子さんもいないので初めての子育てなのです。
おしっこシートやタオルは食べちゃうのでハウスには入れっぱなしにしないように!
と、ブリーダーさんから言われたそうです。
今まで、チェリーとレモンの出産で9頭の仔犬をお世話してきましたがシートやタオルを食べちゃうような仔はいなかったけどなぁ〜。
と不思議な気がしました。

その後もpockyさんからは子育てについてのお悩み相談がいろいろありました。
まあ、初めてのことばかりなので無理もないなと軽い気持ちでいたのです。
仔犬はみんなそんなもの、甘噛みするしいたずらもする。
トイレトレーニングも根気よくね。

DSC02406

それから、一ヶ月後のクリスマス。
主人の動物病院でワクチン接種を受け、クリスマスケーキを取りにCOCOONのお店に初めてやってきたバジルくん。
生後三ヶ月を過ぎた頃。
順調に成長している様子。

090b3b9d

年が明けてバレンタインの頃、2月14日軽井沢にも遊びに来てくれました。
うちの5ワンたちはまるで珍しい生き物でも見るような感じでバジルくんを舐めたりつついたり、慣れて来ると遊ぼうよ!と誘ったりしていましたが・・・
バジルくんは5ワンが恐くて逃げ回っていました。
仔犬独特の恐い物知らずという感じが全くなくて神経質な子だな、という印象でした。
結局、翌日帰る日まで5ワンたちとは遊べなかったなぁ〜。

バジルくんの甘噛みは初めてpocky家に来た頃よりさらに激しさを増していき、いつも血が出る程の強さで噛まれご夫妻は生傷が絶えない毎日だったようです。

30

もう、そろそろいけないことはいけないときちんと躾けなきゃね。
ところが、バジルくんは叱られたり自分の要求が通らないと大暴れするようになっていったのです。
お散歩に行くと他の犬には全く興味を示さず、人間大好きなベド気質が発揮されて人には愛想を振りまきお散歩仲間の飼い主さんみんなから可愛がられていたようです。

生後八ヶ月を過ぎたころの6月5日深夜、ドタバタという大きな音でpockyさんは目が覚めました。
バジルくんはハウスの中で全身びしょぬれ状態でもがき苦しんでいました。
てんかん発作が起きたのです。

翌朝、近所の動物病院へ・・・
発作がなかなかおさまらず4日間入院。
さらに大学病院でMRI検査を受けることに・・

大学病院での診断は先天性大脳形成障害、左側複合奇形、発作による脳損傷との結果を言い渡されました。
右目は失明し、時により同じ場所で左回りに走り回ったり右後肢をひきずって歩いたりします。
てんかん発作はひどいときには毎日、症状が落ち着いているときは1~2週間に一度と、いつ発作が起るか前兆もないのです。

さらなる発作性脳障害を防ぐために抗てんかん薬による発作のコントロールをしていくことになり、この薬を一生飲み続けなければならないとのこと。

pocky夫妻の悲しみはいかばかりか・・・
私には想像もできないくらい深いことでしょう。
診断が出てすぐにブリーダーさんからは、他の仔犬と交換しましょうかとの提案もありました。
しかし、長い間ベドリントンテリアを飼いたいとずっと心待ちにしていたご夫妻にとってはそんな選択肢などありませんでした。
家にやってきたその日から六ヶ月、バジルくんはpocky夫妻の息子以上の存在、なくてはならない存在になっていたのです。

バジルはこの病気も含めてバジルだからと、バジルのすべてを受け止めてこれからもずっと愛情をそそいで一緒に生きていきたい。
と言ったおふたり。
それからはバジルくんを叱ることはやめ、褒めて育てることにしたそうです。
発作とストレスの関係がどうあるのかわからないけれど、なるべく穏やかに過ごせるよう心がけています。
食欲にもムラがあり、試行錯誤の手作り食。これも愉しみましょう。
飢え死にする前にはきっと食べるでしょうから、ドンと構えてみましょう・・・と。

IMG_4519

IMG_4583

現在は2歳を過ぎたバジルくん。
昨年はベド展にも出陳しました。

IMG_4831

那須へ旅行へも行きました。

IMG_4859

何日も発作が続いて毛玉だらけになり、丸刈りになったことも・・

DSC06141

そんなバジルくんですが

IMG_4942

一生懸命に生きています。



長い記事を最後までお読みいただきありがとうございました。


cocoontsuushin at 15:19│Comments(6)TrackBack(0) ベドリントン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by バジル父 & pocky   2013年10月28日 22:23
Maryさん ありがとうございます

バジルファミリーは、
獣医さん、トリマーさん、犬友達の皆様、犬仲間たち、
Nちゃんファミリー、もちろんMaryさん等など多くの皆様に見守れながら楽しい毎日を過ごしております。

バジルが、我が家に着てからの2年間、バジルは私たち夫婦に大切なものを持ってきてくれました。

これからも、バジルはバジルだから全てを受け入れて
育てて生きたいと思います。
(他の人に迷惑を掛けることはダメ!!以外は)

実は、私たちはバジルから貰っているものが大きい
ように思っています。
 ※ どの子でも同じでしょうが(親ばかですね)

皆様、 これからも バジルファミリーを見守って下さい
宜しくお願い致します
2. Posted by やまち   2013年10月29日 10:13
最近うちのお客様にも抗てんかん薬で発作をコントロールしてるって仰る方がいらっしゃいます。
普段はわからないですが、いつ発作が出るかわからないようです。

バジル君もお薬が上手く効いて穏やかに暮らしていければと願わずにおれません。

3. Posted by mary   2013年10月29日 13:54
バジル父さん&pockyさん、
そうですよね、宮田先生やルミナスさん、犬友達、たくさんの方達の愛情をたくさんもらって毎日を過ごしているのですよね。

バジルくんは幸せものです。

何よりもバジル父さんとpockyさんに巡り会えたことが一番の幸せです。

これからも大変なことがたくさんあるかもしれません。
お二人のやさしさで乗り越えていってくださいね。
がんばって!
4. Posted by mary   2013年10月29日 14:02
やまちさん、
ありがとうございます。

薬のコントロールがなかなか難しいようなんですよ。
多すぎれば身体にダメージを与えてしまうし、
少なすぎれば発作を頻発して脳障害を広げてしまう・・・

穏やかに暮らせるよう私も願っています。
5. Posted by むんばママ   2013年11月01日 13:31
良く登場するバジルくんが病気だったなんてー
可愛いイケメンバジルくん。バジル父さんの所へ何かを伝えにやってきたんですよねー。
私はムンバの事をそう思っています。
ポッポやでー高倉健のとこへ広末涼子がやってくるようなー
そんな風に思うのです。

でも、バジルくんは無邪気に元気にしてますよね。
発作がおきず、普通に過ごせますようにー。

バジルくん、がんばれーー。

6. Posted by mary   2013年11月01日 18:17
むんばママさん、
ありがとうございます。
むんばママさんもむんばくんの目のことで大変な経験をしたんですよね。
もう、すっかり回復したのですか?

ワン達はみんな無邪気ですね(^^)
それが救いです。
飼い主さん達はみなさん自分の子供のように思っています。
そんなワンさん達から教えてもらうこと、たくさんあるような気がします。
私も頑張らなくっちゃ・・・

世界中の動物達が毎日を穏やかにそして楽しく暮らせるよう願っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ゆずちゃんの四つ子ちゃん来院今年もベド展参加しました